国家一覧

基礎データ
国名北スラヴ連邦共和国
共通公用語エスペラント語
公用語ポーランド語・スロバキア語・ベラルーシ語
経済自営業型資本主義
政治議会統治制
連邦大統領レフ・クワシニェフスキ
暫定首都ワルシャワ

連邦首都をビエルスク・ポドラスキに建設予定

概要

民主主義の連邦制国家である。

政治体制

連邦政府
 |
地域政府
 |
州政府
の3層構造になっている。
州政府と地域政府の権限が強く連邦政府は外務や安全保障、最小社会保障などの業務のみ行っている。
また連邦議会、地域議会、州議会ともに解散はない。市町村議会は解散が認められている。
ポーランドが歴史的に見て古くから議会制を採用していた国家であったこと、また過去にカリスマ指導者に頼ったことの反省から議会権限が非常に強く設定されていることが特色。

連邦議会

連邦議会は小選挙区により選出される連邦院と地域政府単位で選出される元老院の2院から構成される。
元老院は被選挙権が地域政府議会の長期院議員における過去3期以内の当選者に限られている。

任期議席
連邦院4年500
元老院6年150

地域政府議会

地域政府議会は各地域政府に設置され短期院は小選挙区制、長期院は比例代表制により選出される。
長期院議員は元老院の被選挙権を有する。

任期
短期院4年
長期院6年

政党

政党名連邦院議席元老院議席
市民フォーラム25070
社会民主党9533
キリスト教民主同盟8527
スラヴ共産党6820
ドイツ民族戦線20

経済

通貨はズロチを採用。 なお造幣局の主な仕事は1ズロチ硬貨に穴をあけてボタンとして2ズロチで出荷することである。

企業

  • アエロロイド
     旧ポーランド国営航空。
    連邦発足の3年前に民営化されベラルーシ航空を吸収。現在では国内最大の航空会社。
     チェコ系のチェックエアーラインとシェア争いを繰り広げている。
  • ポーランド総合銀行
     ワルシャワに本社を置く国内最大手の銀行。
    もともとはグダンスク市民銀行だったが国営ポーランド銀行の破たん後吸収合併を行い本社をワルシャワに移転した。
  • ポーランド通信
     旧ポーランド逓信公社。
    近年はプラハ国際通信がシェアを拡大しておりお役所体質の抜けきらないポーランド通信は窮地に追い込まれつつある。
  • ポーランド連合石油会社
     ポーランド地域政府から石油、天然ガスの独占採掘権を得て操業している石油会社。
    近年ベラルーシ地域政府からも独占採掘許可を得て業務の拡大を推し進めている。
    北スラヴ連邦内でも1,2位を争う巨大企業であり政府への影響力も強い。
  • ソラリス自動車
     ポーランドに拠点を置く自動車会社。
    普通乗用車もクラコヴィアブランドで製造しているが売上は芳しくなくソラリスブランドのバス・トラック事業が売上高の7割を占める。
  • タトラ自動車
     チェコに拠点を置く自動車会社。
    軍用トラックを主に製造しているが売り上げの低迷に苦しんでいる。
  • シュコダ重工業
     チェコを中心とした重工業会社。
    過去にはヨーロッパ有数の巨大コングロマリットで軍事産業を中心とする重工業を得意としていた。
    その後分割や一部国有化を経て連邦発足前後にシュコダ重工業として再編された。
    現在では中距離航空機、兵器、発電タービンなどの生産を中心としている。
  • ポモルスカ酒造
     大手酒造会社。ポーランド南部のノヴィ・ソンチ市に本社を置く。
    スピリタスやウォッカが主力製品で最新の統計ではスピリタス市場において34%のシェアを誇っている。
    近年ビール市場シェア第3位のピルゼンビールを買収しビール市場への浸透を強めている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-22 (月) 13:57:57 (3443d)