UWクロニクル Ver.0.555

新たなる世界が構築され、歴史を紡ぎ出すために動き出した国際社会。
まだ、生まれたばかりの世界は脆弱であり、しかし時に荒々しく様々な思惑を飲み込みゆっくりと巨大化をはじめた。

UNTITLED WORLD。題名無き世界。
世界に決まりきった表題など無くただ、時代を映し出すだけ。
繁栄の時代になるのか、紛争の世界になるのか、混沌とした社会になるのか。。。
それは後に語られるべき時に題名が与えられる。

創世の時代がはじまる。
大日本帝国建国、サンディニスタ連邦(→琉球首長国→現: 琉球地域及び西日本統括人民政府[ターン3436時実は最古参!]、
ケンダリ王国、神聖アルビオン帝国、ソマリニア公国、川淀(後53期に大淀本帝国に国名変更)、北アタリア(後19期に北アタリア連邦共和国に国名変更)
インド=イスラーム帝国、桔梗国、極東和民国(現:朝鮮人民共和国政府)蜃楼国、南イタリア共和国、ハルドラ共和国、カザアニア連邦、ルゥシア列島社会主義共同体
などなど歴史を彩った国々、今も尚暴れてる国々を含めた国が建国。

この100期あまりの間は創世の時代であり、激動の時とも呼べるものであったと言える。
新たなる世界にはまともな国際的法規が存在しておらず、多くの混乱が生じていた。

だけどもちろんそれらを構築するのはこの世界に誕生した国家。
自国の繁栄だけではなく世界の安定化を図るために各国が協議をはじめる。

しかし、それぞれの国家によって思惑や見解は違い議論は白熱しはじめる。
大日本帝国から多くの草案がもたらされるが、まず法のあり方を巡りじょじょに対立構造が形成されはじめる。

そんな中、大日本帝国と大東亞帝国の2カ国は両国の利害的一致、そしてそれ以上に親密な関係をみせはじめ 『東日和親条約』締結に至る。
おれがこの世界においての国家間で正式に結ばれた初めての条約。きっとテストに出ます。 大日本帝国、大東亞帝国は積極的に国際法制定に関しての草案を出しこの件に関しては牽引する立場となっていた。
しかし。大日本帝国の提唱する条約法による国際法の制定に対し、異を唱えたのがインド=イスラーム帝国だった。

インド=イスラーム帝国は、条約法だけではなく戦争規定に代表される「国家の存亡に関わる重要な事柄」がある以上、 全国家対象の超越したルールを制定するべきだと提唱。

条約締結によって効力を発する条約法か、それとも建国しこの世界に存在する限り効力を発揮する超越したルールか、 といった図式が出来上がる。
元々、その部分は多くの国家がそれぞれに指摘し協議していたが、大日本帝国が条約法としての制定を 押し進めていく中でインド=イスラーム帝国は世界の安定化が遠のくと懸念しそれがついには 大日本帝国への宣戦布告という形になって表れた。
まだ世界がはじまり100期程度の中での突然の戦争の恐怖が全世界を襲う。 追い打ちをかけるように『東日和親条約』締結国である大東亞帝国がインド=イスラーム帝国に宣戦布告。
印-東日戦争勃発の緊張状態がつづく。

しかし世論はインド=イスラーム帝国を非難。突然の宣戦布告は行き過ぎであるという見解を示していた。

この事態を重く見た桔梗国は仲介を提案。
各国の会談による解決に向けての動きがはじまり、事態は一応の収束に向かう。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-09-01 (月) 14:02:40 (3555d)