神聖アルビオン帝国とフレデリカ公国との間の基本的友好関係に関する条約(日本語訳)

神聖アルビオン帝国及びフレデリカ公国は、 両国間の外交関係の開設及び友好関係の樹立を目的とし、基本的友好関係に関する条約を締結することに決定し、その全権委員として次のとおり任命した。

神聖アルビオン帝国   外務卿  伯爵 Earl Hawkins Cromwell

フレデリカ公国   国務長官 公爵 Prairie de Devant

これらの全権委員は、互いにその全権委任状を示し、それが良好妥当であると認められた後、次の諸条を協定した。

I. 両締約国は両国間の平和友好関係を築き、これを維持するために努力する。

II. 両締約国間に外交及び領事関係の開設を行う。両締約国は、大使の資格を有する外交使節を遅滞なく交換するものとする。また、両締約国は、両国政府により合意される場所に領事館を設置する。

III. 両締約国は、貿易、航空運送・海運その他の通商に関する条約又は協定を締結するための交渉を可能な限りすみやかに開始するものとする。

IV. 両締約国間における国民の出入国並びに滞在に関しては、両締約国の定める法律に基づきビザを認めるものとする。

V. 本条約は、批准されなければならない。批准書は、できる限りすみやかにフレデリカ公国ベルンにて交換されるものとする。この条約は、批准書の交換の日に効力を生ずる。

VI. 本条約は、英語、フランス語及びドイツ語により作成するものとする。解釈の相違がある場合には、英語の本文による。

以上の証拠として、1230期、神聖アルビオン帝国ロンディニウムにおいて、それぞれの全権委員はこの条約に署名調印した。

神聖アルビオン帝国のために    Earl Hawkins Cromwell

フレデリカ公国のために    Prairie de Devant


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-04 (金) 20:28:45 (3854d)