国家一覧

坂東人民政府は、日本革命の過程で坂東に樹立された政府。日本連邦共和国の構成政府の一つであり、日本人民革命党(通称坂東人民革命党)が人民民主主義に基づいてその他の革命党派を領導する社会主義国家である。

その支配領域は、信濃・遠江・駿河・甲斐・伊豆・相模・武蔵・上野・下野・安房・上総・下総・常陸にまたがり、越前・加賀・能登・越中・越後・伊勢・志摩・美濃・飛騨・尾張・三河・陸奥・出羽の各地方も暫定的に統治下においている。

坂東人民政府は、当時日本地域を支配していた日帝勢力に対して人民革命党が人民政府の成立を宣言したことに始まる。その後の日帝勢力の瓦解にともなって坂東地域を悉く解放し、同時期に東北地方に成立した東方共和国政府と連合を組んで日本民主連合政府を組織、これが世に言う日本革命である。

その後、琉球との戦争の結果日本連邦共和国が成立、日本侵略を露骨に進めた怨敵印帝とその傀儡勢力をも粉砕し、こうして日本革命はひとまずその目的たる日本の大部分の解放を実現した。その後、東方が坂東政府に合併し桜共和国が加わるなど構成国に変化はあったものの、日本連邦共和国は東洋における勤労人民の祖国としてその輝き栄ある歴史を刻んでいるのである。

政府機関については、以下の通り。人民代議員大会は立法機能を担う坂東の最高機関であり、その常設機関・閉会中の代行機関として常務委員会が置かれる。常務委員会委員長岡本澄之。

行政機能は人民代議員大会によって選出される人民政府委員会に属する。人民政府委員会主席がこれを代表する。人民政府主席は坂東のいわゆる「首長」であり、国政全般を指導する。人民政府主席浦辺忠広。

実際の政務を執行するのは政務院と政務院の各部署である。政務院は総理と副総理それに政務委員及び各部署の長で構成される。政務院総理相良藤五郎。

また、国防に関しては、革命前後の混乱の中で群立していた様々な革命的軍事組織を糾合して日本人民革命軍が建軍された。人民革命軍の軍権は人民政府国防委員会に属する。国防委員会主席浦辺忠広。

歴代人民政府主席
初代:大久保太助(1200頃-1500頃)
二代:沢彦十(1500頃-2159)
三代:浦辺忠広(2159-)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-10-01 (水) 02:29:29 (3430d)