アジア民主社会主義共和国

[特殊空挺集団]使用する機体はCH-53、UH-60、MIG-8が状況に応じて使用される。護衛としてAH-64、MIG-28、OH-1が使い分けられる。 [防空戦闘集団]内訳:中央・東部・南部・西部・北部の5個飛行団。1個飛行団につき、戦闘機200機の搭乗員と整備、管制、補給などの後方支援部隊あわせて総勢1000人。 使用する機体はおもに中央はF-22。南部の部隊はF-16。北部の部隊はMIG-29。東部の部隊はラファール。西部の部隊はJAS39グリペンが配備されている。       [高射防空軍団]内訳:同じく中央・東部・南部・西部・北部の5個の軍団がある。1個軍団につき戦闘要員2000人。後方支援要員3000人。防空システムとして、中央・東部・南部にはPAC3が配備されている。       [野戦航空作戦集団]全部で6個の作戦集団で構成される。各作戦集団内訳:戦闘機100機、攻撃機200機、管制機40機、電子戦機50機、空中給油機40機、および地上要員。各飛行隊ごとに装備している作戦機は違う。戦闘機はF-2・F-4・F-15・F-18・Su-27・MIG-21・・トーネードADVのいずれかを使用。攻撃機はA-6・A-10・AV-8・Su-25・Su-24・Yak-141・Su-34・トーネードIDS・F-1のいずれかを使用。空中管制機はE-10を空中給油機にはKC-10を使用。 [航空輸送軍]輸送機はおもにAn-225およびC-5を使用する。前線で運用する場合はII-76が使用される。護衛戦闘機としてタイフーンが使用される。[戦略爆撃軍]戦略爆撃はおもにB-52とB-1が使用される。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-03 (木) 12:30:58 (3608d)