欧州同盟(Europe Alliance)

本同盟はドイツ民主共和国・イタリア共和国が会談し本同盟設立を提唱。 ロレンホースト連邦を加えた3カ国で結成。その後ルクレール共和国を加える4カ国体制を経て。現在はイギリス社会主義連邦が加盟し現在は5カ国の体制で欧州に多大な影響力を持つようになっている。5カ国体制が長く続き2008年8月15日にチェコ共和国が加盟、とうとう6カ国体制になる。

条文

1、本同盟は、欧州における領土の尊重と一部の独善的な勢力の暴走を防ぐ理念を持ち締結された条約である。

2、加盟国は領土不可侵・主権尊重を理念とし、またそれを発展させることを目的とする。

3、加盟国の主権が侵略的勢力に侵されようとした時、全加盟国は自国の平和を危うくするものと認め、あらゆる包括的な手段をもって事態に対処する事を宣言する。

4、欧州における国際的な平和に対する脅威が生じた時は、いずれかの加盟国の要請により、協議会を設置する。

活動

トルコのバルカン半島侵略に対しては欧州同盟各国の会談で全会一致で非難声明を発表するなど欧州の圧力的な存在感はでてきている。共同国防会議などにより、戦闘戦術の研究が行われその情報を各国で共有するなど軍事面での協力も著しい。

アルカウェルダのクリミア半島統治に反対表明を出し撤退させた。

加盟国

・ドイツ民主共和国

・イタリア共和国

・ロレンホースト連邦

・ルクレール共和国

・イギリス社会主義連邦

・チェコ共和国


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-19 (火) 16:43:55 (3717d)