軍事条約・協定?

ルゥシア列島社会主義共同体、雄武人民共和国によって「ルゥシア雄武社会主義連邦国家」創設。

連邦国家は社会主義に基づく主権国家間において創設されるものである。

連邦国家の最高執行機関は、ルゥシア列島社会主義共同体と雄武人民共和国、両国の首相以下の閣僚、両国の議会議長などで構成される「最高連邦国家評議会」で、「連邦国家元首」である「最高連邦国家評議会議長」(大統領に相当)は 、両国の首相が交代で務める。

連邦国家の機関として、二院制の連邦議会(両国の議会の議員から選出される「連邦会議」と、両国国民の有権者から普通選挙で直接に議員を選出する「代表者会議」とで構成、「閣僚評議会」(評議会の長である「閣僚評議会議長」は首相に相当)と称する連邦内閣、連邦最高裁判所などを設置する。

連邦国家自体も連邦国家構成国も、ともに主権国家(独立国家)としての諸権利を保有する。

単一の通貨の導入。

連邦国家構成国は経済的に強力に結びつき連邦国家自体、構成国ともに発展するための支援、開発を惜しまない。

連邦国家構成国の国民は、連邦国家構成国と連邦国家自体の両方の国籍を保有する。

関税を含めた共通の税金制度の導入。

共通の地域軍司令部と地域軍集団の設置、編成。

連邦国家は構成国自体主権国家ではあるが有事の際相互に軍事的支援を行う。

尚、連邦国家憲章(憲法)は今後の両国の発展度合いや両国間の統合度などを考慮し随時制定及び改定を行っていくものとする。

初代の最高連邦国家評議会議長はルゥシア列島統括共産同盟からハイノイク=ヤグニ議長が努める。

ルゥシア列島統括共産同盟   雄武人民代表委員会


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-04 (金) 11:19:29 (3791d)