国家一覧

基礎データ

正式国名

 スヴェトラーナ・メルヘッゼ・リアリテラス国(通称:スヴェトラーナ連合国) 

政治

 資本主義

公用語

 英語(91%)  ドイツ語(6%)  中国語(2%)  その他(1%)

大総統

 トーテム・ベル

首都

 テスラシティ

主要都市

 リザムブルシティ  ゼンダムルシティ

総人口(1815期)

 11854万人  

人口密度

 11万人/km^2

総面積(1815期)

 1090万km^2

国名の由来

戦争が絶えず起こっていた三大国家(スヴェトラーナ・メルヘッゼ・リアリテラス)が大規模な戦争を起こし、その後1つの国に連合した。その中でも特に力が強かったスヴェトラ−ナが通称の国名になっている。 昔は神帝国という、三大国家と違う通称だったが、方針で変更した。

歴代大総統

初代:トーテムベル

民族

島によって人が違い、それぞれ固有の文化を持っている。

スヴェトラーナ系(黄色人種)31%
リアリテラス系(白人)28%
メルヘッゼ系(白人)24%
黒人12%
その他5%

流通通貨

  £ ポンド

条約

【NATO所属】

【カナダとの条約(トロント条約)】   国交樹立

1、両国家の間を自由に民間人が行き来できるパスポートを発行 1、両国家が行き来できる航空便 1、両国家が行き来できる海路便 1、両国家での商品販売可能 1、両国家での文化的交流可能

  友好条約

1、両国家間は軍事的侵略を行わない 1、両国家間の貿易船襲撃を行わない 1、両国家は戦争の際 石油・資金・食料援助を行える

【アジア民主社会主義共和国、神帝国の条約】   国交樹立

1、両国家の間を自由に民間人が行き来できるパスポートを発行 1、両国家が行き来できる航空便 1、両国家が行き来できる海路便 1、両国家での商品販売可能 1、両国家での文化的交流可能

  友好条約

1、両国家間は軍事的侵略を行わない 1、両国家間の貿易船襲撃を行わない 1、両国家は戦争の際 石油・資金・食料援助を行える

外務相ウラディミル・ニヤゾフ 財務相飯島泰郎

歴史

元々は1つの国(トレルトゥス)であったが、内戦が元に3つの国に分かれた。軍事力を上げ世界を支配しようする資本主義国「スヴェトラーナ」、平和提唱を唱えてどんな戦争にも参加せず永世中立を唱えようとする社会主義国「メルヘッゼ」、「スヴェトラーナ」と「メルヘッゼ」の中間で、軍事力を上げるが世界はみんなのものであり、我々のものではないという社会主義国家「リアリテラス」。 この3つの国がにらみ合っていたが、戦争がおきた。そしてその後、勝者はでずに各々の国が1つとなり資本主義国家「神帝国」を建国する。 しかし、国家の改定によって、昔の国を使った 「スヴェトラーナ・メルヘッゼ・リアリテラス国」 という国が生まれた。通称は最初の1つの国だけを読んだ「スヴェトラーナ連合国」という。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-13 (日) 00:36:28 (3844d)