コーカサス連邦

カフカース山脈を中心とする北カフカース・南カフカースを領する連邦制国家。

国家体制連邦制
国家元首アラヴェルドフ大統領
連邦首都エレヴァン
人口統計中
国歌制定会議中
国花制定会議中
国技制定会議中

目次

政治

行政

北カフカース・南カフカース諸国による連邦制。 連邦首都エレヴァンの連邦議会で連邦内での政治方針が定められ、それに従って構成各国は政治を行う。

議会

衆議院と参議院からなる二院制。

歴史

ソビエト連邦崩壊後、8年に亘る独立戦争を経てソ連より脱退。その後エレヴァンに統一政府を置きコーカサス連邦を設立。

国民

ロシア人・グルジア人など、15以上の民族が混在。 以前は民族間による問題が後を絶たなかったが、現在は穏やかな連邦制の下「コーカサスの一員」として安定状態に入っている。

領土

北カフカース・南カフカース

外交

外交的空白が続く。

軍事

各国の国軍や民兵組織が主力。 未だ統一指揮組織ができておらず、軍事的には一枚岩とは言いがたい。 山がちな国土で、防衛に特化した装備を保有。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-15 (日) 00:57:03 (3535d)