国家一覧

クルトナル帝国

国家情報

国家情報
国名クルトナル帝国
人口19000人以上
首相ホワイト
面積1080万km^2
首都ウクライナ地域
最大都市ウクライナ中心部
政治体制資本主義
英国名Kurt null empire
公用語英語・クルト語
人種クルト人60% アメリカ人30% その他20%
通貨QT(日本円にすると1QT=約一円)

目次

政治

この国の政治は、主な政治は首相をトップに行われ、次に偉いのがクルトナル帝国政府、いわば政治家であり、その次は、国民である。 首相の任期期間は、首相が限界と思ったら自分で辞任をする。 そして、首相は、一ヶ月間による長い国民投票により行われる。国民投票中の間は、前の首相が一ヶ月間だけ、首相をやる。   

国内産業

この国の産業は、食料生産業が国内産業のトップに立っていて、世界で農場規模と生産力がトップの食料生産大国。そして、ニュータウンの中に企業があったり、本社ビルが建っていたりと、職業にも困らないし、結構、経済も進んでいる。まぁ、職業にも食料にも困らぬ国と言う所である。会社は、此処には、書ききれないため代表例だけを挙げる。

  • クルトナル食料協会&クルトナル加工食料会社- この国の食料界を動かす、食料産業界でトップの施設。 今までは、養殖場同士で生産額対立したりしていたが、現在は、此処が操作しているため対立していない。 これの、動き方次第で、国内産業を左右する程の勢力を持つ。ちなみに、この協会は会社も運営している為、その会社には社長が居ないが、協会長が運営している。協会長は、クロックブロリース氏。
  • ソニックブルアシル株式会社- 主に、電気製品製造と鉄道運営をする会社で、この国で初めて建設された会社であり国内一の大企業で国内企業ランキングも常にNo.1入りを果たす国内最大企業。 現在は、ソニック鉄道が開通して収入も安定し過ぎる毎日を送っているらしい。 しかし、インド共和国が滅亡し、支社と工場を失い生産収入が減っている。社長は、ソニックロードマン氏。
  • クルクル食品株式会社- 此処の会社は、食品加工を行ったりしている会社のトップ。 前まで、前社長が会社の全権限を握っていたが、クルトナル食料協会の経営している会社が買収し、今の運営は、元食料協会職員が握っている。ちなみに、国内でスーパーも経営している。 現在の社長は、ブルビルホワイト氏。それで、社長が「実は首相と血がつながっているんじゃないか?」と噂がずっとされている。
  • アフディス証券株式会社- クルトナル帝国唯一の証券会社。 2008年の後半くらいから、波に乗り始めていて最近は、収入も安定している企業。 アイスランド共和国に、支社が建っている。社長は、アフリーディスティス氏。
  • フォレール自動車株式会社- 国内経済安定期に建設した国内唯一の自動車製造会社。主に、自動車を作っていて、本社内では、新たな車の規格もされている。自動車が主な交通手段だったこの国にとって、自動車会社が出来るのは大きい事であったため、国民から喜ばれている。此処の会社は、ウクライナに本社と工場がある。社長は、フォレータ・ルダンダ氏。

地域

  • ウクライナ地域(首都)- 首都地域は、マンションや企業が立ち並んでいる。 そして、此処に主に国家重要施設が建っているらしい。ほかにも、ソニックブルアシル本社やフォレール本社&工場も建設されている。交通は、鉄道が走っているが、人の数に追いついていけず、電車に乗れないケースが多いため車通勤が多い。そのため、地上は車で一杯で、交通の便は非常に悪い。だが、色んな施設があるため交通以外は便利。人口は、13000万人程度。地域全体の平均地価は、5億〜20億程。
  • モルドバ地域- 前までは、のんびりした風景だったが、ウクライナ中心部大震災後の復興のための誘致活動のお陰でとんでもない発展を遂げ、だんだんと都会になった地域。新高速道路建設前は、ウクライナと同じくこの周辺もモルドバ鉄道が満員でのれなかったが、新高速道路の建設により、モルドバ鉄道の乗客が減っていて乗りやすくなりそう。現在は、ソニックブルアシルハイテク工場やアフディス社等の本社もある。 人口は、9000万人程度。地域全体の平均地価は、1億〜10億程。

軍事

この国は、帝国でありながら非常に軍事力が進んでおらず、寄付してもらった海洋軍と、購入した戦闘機と、国内防衛施設しかないという無軍事国。それで、「だったら兵器作れば良いじゃんw」と突っ込まれそうだが、あまりの軍事力のなさに低軍事力の物もつくれないという。この無軍事力さから、世界は進んでいるのに自国の軍事が進んでいないため、世界トップクラスの無軍事国家ともいわれている。

  • アルカウェルダ海洋軍- この国唯一の軍であり、元々軍事技術が進まない国なので、攻撃艦製造も間々ならない国に、アルカウェルダ国が寄付してくれた軍隊。三艦隊とも、海に浮かんで見張っていて、いざとなれば緊急でも応戦する準備は出来ているらしい。航空機は、航空機の滞在基地に入っている。
  • SIDEN-21-KAI- アイスランド産最新鋭戦闘機で、アイスランドより購入した戦闘機。800機をクルトナル帝国軍基地で保管されている。その他の戦闘機は、クルトナル帝国モルドバ空軍基地かクルトナル帝国ウクライナ空軍基地に保管されている。

施設

  • クルトナルレスキュー本部 (通称QRS)- 国内で災害や戦争が起きた時に出動して救助をしている特殊救助部隊がQRSである。 そして、そのQRSの訓練場や部屋等も用意されている。 いつもは、訓練をしているが、いざ戦争や災害が起きたときに活躍する。 最近出動したのは、ウクライナ中心部大震災である。ちなみに、QRSの人は、戦争中に救助に回る為、男性でも兵士にはならない。
  • クルトナル銀行- クルトナル帝国の政府が建設した、国立銀行。銀行は、此処しか無い為、毎日行列ができている。 国の財政は全て此処で成り立っている為、此処が無くなったら国家財政は危機へ直面し、国内企業が破産し、国民の給料が凄く減るであろう重要施設。  内部には、ATMや窓口があり、どちらも常に並んでいて、屋上には、国旗が建っている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-31 (土) 15:29:56 (3309d)