国名 [#d938ce18] ガルマニア帝国


目次


設定

国旗製作中 
国の標語ジーク・ガルマニア
国歌 ヴァルギュリラは汝の勇気を愛せり
公用語 ガルマニア語
国家元首 オフリート・フォン・リーゼンバウム
首都 ガルマニアポリス
最大都市 ガルマニアポリス
面積 
総人口 
公式略称 ガルマニア帝国
英語国名grumania empire
通貨 ガルマニアマルク

国名

ガルマニア帝国

ガルマニアとはかつてガルマニア帝国に侵入した古代帝国がつけた他称である。


国歌

ヴァルギュリラは汝の勇気を愛せり 帝国国家兼軍楽曲。帝国の式典或いは何らかの儀式で演奏される。歌詞がない。 曲想は「長調でメロディーもリズムも重く伝統や格式或いは壮麗さを有している。

ヴァルギュリアとはガルマニアの神話で伝わる軍事をつかさどる女神のことである。


歴史

ガルマニアの歴史は、ガルマニア民族の祖先がガルマニア地域に移民したことに始まる。 その後各地で部族国家が成立しその中でルードヴィヒ大帝が出身のスレイブ族を統一し スレイブ王国を建国。王国は、各地の国家を併合しハインリッヒ大帝がガルマニアを 統一し国号をガルマニア王国に変更する。 その後スレイブ王朝が断絶し最初は選挙によってカール1世を王に指名したがグフゼル 公と対立し国家分裂を避けるためグフゼル公を新国王に指名しグフゼル朝が誕生した。

グフゼル部族大公権を権力の母体としており、グフゼル人の伝統はスレイブ人と違って 非常時以外には王を戴かぬ選挙王制だったため、当初から帝権は弱体で、封建領主の 連合体という側面が強かった。このため他国に比べ中央集権化が遅れた。

ホーエンタウゼン朝が断絶すると、20年近くも皇帝が選ばれない大空位時代となり 「王国」としての実体をまったく成さない状態となった。 その後国王は有力な7人の封建領主(選王侯)による選挙で選ばれるようになり、 さらに選王侯には裁判権、貨幣鋳造権、独自の外交権等の強大な自治権が与えられた。

これに対し、ベルトルト大帝主導で王国改造が行われその結果、ガルマニア王国は諸侯 の連合体として新たな歴史を歩むこととなる。この国家改造の流れに終止符を打ったの がヴェスルゲスト条約であった。これにより、各諸侯に大幅な自治が認められる一方、 平和的な紛争解決手段が整えられ、諸侯の協力による帝国の集団防衛という独特の制度 が確立することとなった。しかしながら、その後プロトミアが台頭したことにより、 諸侯のバランスは崩壊、王国はやがて機能不全に陥りエーベルトが退位したことにより 終焉を迎える。

王国の解体を受け、ヴァ―ム会議を経てガルマニア連邦規約に基づいてガルマニア連邦 が成立した。 それまでガルマニア王国国王が司ってきたガルマニア全体に関わる懸案の審議と議決を 目的に、連邦議会が常設された。軍隊、警察、関税は構成国の主権に属した。連邦議会 の議員は諸邦の普通選挙で選ばれた官吏、大学教員等の市民階級の代表が務めた。

しかし、プロトミアと、オルトリアがガルマニア統一の考え方で対立しプロトミア軍が 連邦共同管理領を占領しプロトミア=オルトレリア戦争が起こる。 サドレッツの戦いでプロトミア軍がオルトレリア軍に圧勝し戦争は急速に終結したため 2ヵ月戦争とも呼ばれる。この戦争に勝利したプロトミアはガルマニア統一の主導権を 握り、ガルマニア連邦を解消後ガルマニア帝国が成立した。

ルヴァリヤ帝国が世界征服の野心をあらわすようになるとガルマニアは反ルヴァリヤ 帝国諸国と共に諸国同盟を結成しルヴァリヤ帝国との戦いにに挑むがルヴァリヤ帝国 の大量破壊兵器の攻撃により国土の大部分が汚染され戦争には勝利するも各地で 反政府勢力が決起しガルマニア内戦が起こる。内戦によりマフィアや強盗団などの 犯罪組織も各地で勢力をましていった。

これにより皇帝の権威が消えていきますますガルマニアが分裂していったが1つの光 がガルマニアに差し込む当時法務士官であったリーゼンバウムがマフィアや強盗団の メインストリート化していた南部地域を戦死した指揮官に代わり指揮し制圧した。 その後もリーゼンバウムが数々の武勲を立てていきついに帝国軍最高指揮官兼特別 編成対策軍最高指揮官になる。

またリーゼンバウムは、軍の改革を同時に進行させ警察を憲兵司令部の指揮下に置く など自らの権限を増やしていった。 そしてリーゼンバウムは議会に自分のシンパを増やしていきついに憲法を改正させ 皇帝を廃位させ「国家元首職務代行」となり自らを首相に任命し総統をなのる。

リーゼンバウムは反政府勢力をすべて一掃しその権力を確固たるものにした。

  • 関連する歴史項目

政治

軍事最高責任者である総統を中心とする軍事独裁 議会・裁判所・政府も総統が掌握している


外交

  • 所属組織・締結条約

経済


代表的な都市

ガルマニアポリス


住民

ガルマニア語を母語とするガルマニア民族


文化


軍事


外部リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-05-07 (金) 01:21:29 (2937d)