FrontPage

国旗
600px-Flag_of_the_Vatican_City_svg_edited-1.jpg
国号統一王国エデン
国の標語教会外に救い無し
首都セントヴァチカンシティ
最大都市セントヨハネシティ(ヴァレッタ)
国家元首ジェラール・ド・プロヴァンス
流通通貨NU
公用語英語/ラテン語

概要

エデンの園はヴァチカン、コルシカ島、アイルランド島、マルタ島をその領土とする立憲君主制の国家にしてローマ総主教であり主のしもべのしもべであるローマ教皇により統治される国家である。従って主のしもべのしもべであるローマ教皇ジェラール・ド・プロヴァンスにより統治が行われる我が国は我が主によって統治されているも同然であり我が国は地上の失楽園において不完全ながらも最も神の国に近いすなわち神の国の模範であるということがいえる。従って主の意志によって導かれる我が国は神の声の代弁者にして神そのものである。

我々エデンの園の主なる目的は偉大なる神ヤハウェ神(エホバ神)を宇宙の主権者なる主として高め、間もなく全地を支配する天の政府の王としてイエスが果たす役割について誤解を生じさせ、人々を欺く宗教指導者の淘汰である。 世の宗教指導者は人間によってつくられた政府や機関を通しキリストは力を及ぼすなどと主張しているがイエスはヨハネの福音書において「私の王国はこの世のものではない」と言っておられる。実際、「世の支配者」、「この事物の体制の神」は、キリストではなくサタンである。(ヨハネ書)だからこそイエスは、間もなく地上の人間の政府=サタンの政府すべてを除き去り、地上を納める結いつの支配者におなりになる。

 多くの宗教指導者はこの世の政治体制を支持しているため神の王国に関する審理を触れ告げる人たちに反対するだけでなく迫害さえ加えている。 それを象徴するかのように聖書の「啓示」の書は、「聖なる者たちの血とイエスの承認達の血に酔っている」象徴的な娼婦、つまり「大いなるバビロン」について述べている この女は地の「王たち」すなわち政治支配者たちを支援し、その見返りに恩恵を受けることにより、霊的な意味の出の売春を行っている。この象徴的な女は世の偽りの諸宗教に他ならない。「反キリストの主要な成分をなしているのはこの女なのです」(ヤコブ書より)

神の国の模範であるエデンの園の国民は皆、主とその子イエス・キリストおよび精霊の意志に従い日々を生活しており、またその御加護をうけている。よって政治、経済等、国民の社会生活は主の意志による物とされる。東方異端、イスラムなどとの協調およびこれらへの入教は主に対しての裏切りとされ、処罰の対象に当たる。

締結条約等

アーリアン同盟 フランク=マルセイエーズ帝国 イタリア共和国 スカンディナビア連合王国

【フォンスパーク軍事条約】 エレミア・オルヴィラート連邦共和国


添付ファイル: file600px-Flag_of_the_Vatican_City_svg_edited-1.jpg 132件 [詳細] file600px-Flag_of_the_Vatican_City_svg.psd 78件 [詳細] fileマルタ騎士団ポスター2.jpg 102件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-01 (日) 23:27:22 (3396d)