軍事条約・協定?

アルカウェルダ・クルトナル安全保障条約

1、アルカウェルダ協同連邦およびクルトナル帝国は、どちらか一方もしくは双方に脅威となる勢力に対抗するのに必要な策を講ずる為に必要な軍事的経済的協力関係を築くための努力を惜しまないことを宣言する。

2、どちらかの締結国が第三国と交戦した場合、もう片方の締結国もこれに直接的もしく間接的に援助を行い、両国の防衛を行う。

3、クルトナル帝国はアルカウェルダ協同連邦が効率的な帝国防衛戦闘を行えるように、クリミア半島をアルカウェルダに譲渡する。

4、アルカウェルダ協同連邦はクルトナル帝国が国家存亡に関わる重大な危機に直面した場合、あらゆる手段を講じてこれを防がなければならない。

5、クルトナル帝国は自国の安全保障顧問にはアルカウェルダ協同連邦より派遣された人物を登用しなければならない。

6、この条約は書面による通告のち80ターン後に破棄できる。なお、第3条は双方の同意が無ければ破棄できない。

我が国は、貴国の安保条約に調印する。
クルトナル帝国首相 ホワイト
箱暦3053

我が連邦の誇りをかけて、貴国へのご恩に報いることを宣言し、連邦を代表し調印する。

大統領  ベル・チェリガンスキー
外務大臣 クランスキー・ボールドマン
国家安全保障大臣 メルマット・ヘーミット
防衛軍総監 カール・マンネルへイム

箱歴3056


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-07-29 (火) 13:09:44 (3611d)